快適な生活が送れるがん治療&転移の基礎知識

病棟

検診を受けることの大切さ

女医

乳がん検診の受診率はあまり高くありません。ですが、乳がん検診を受けることで早期発見できたり安心につながるので、メリットは大きいので受診することをお勧めします。乳がん検診を受けるときには、着脱しやすい服装と、胸が張っていないかなどもふまえて受けるとスムーズに受けられます。

View Detail

大腸に炎症が起きる病気

男性

潰瘍性大腸炎は、若い年代に発症者が集中している原因不明の病気です。大腸に炎症が起きてしまい、血便や下痢が続いてしまう症状があります。ストレスとの見方も強いですが、まずは専門の治療を受けていかなければいけません。

View Detail

悪性腫瘍を治療しよう

病院

代替療法が注目されます

がんが転移を起こした場合、状態によって色々なアプローチが選択されます。一般的なリンパ節転移の場合は、部分的な切除を行なうのが通常の治療パターンです。一方、離れた臓器や器官に転移している時は、抗がん剤を用います。こういった転移が見られる場合、体内のがん細胞を減らすことがまずは必要です。手術が行われないことも多く、抗がん剤による治療が主となります。抗がん剤による副作用を軽くすることも出来るのが、今注目されている代替療法です。漢方やビタミン製剤などを用いた代替療法は、体力が低下していても受けられます。抗がん剤治療を受けながら、快適な生活が送れるようになるのが代替療法の良さに挙げられます。日常生活が楽になるとして、試みる方が増えているのが代替療法です。

不快な症状を改善します

代替療法の選択肢の一つになるのが、漢方薬を使った治療です。漢方薬の中には、病中の体力を回復させるものがあります。抗がん剤治療中に起こりやすい、血行不良や胃腸障害などを改善出来るのが漢方薬の利点です。ビタミン製剤を用いた代替療法では、免疫力を高めて体力を養います。痛みや不快症状が和らぐこともあり、生活する上でもメリットが大きいのがこの治療です。転移がんの治療で行われることが多い化学療法は、体への悪影響が生じます。従って、代替療法のような悪影響を緩和出来るアプローチが必要です。一部の医療機関では、緩和ケアの一環として漢方治療やビタミン製剤の治療を始めています。担当医から代替療法の施設を紹介してもらうことも可能です。

腎臓病の症状と治療

看護師

透析は、腎臓機能が低下し慢性腎不全になってしまった患者に対して行われる治療法です。老廃物の排出を人工的に促し、体内を清潔にすることが出来ます。決まった時間に必ず受けなくてはならない治療のため、病院への送迎サービスの利用がオススメです。

View Detail